ご あ い さ つ                                   
                                   
東京凌霜謡会は、神戸大学の観世流謡曲クラブの卒業生を中心に

毎月、原則として第4土曜日の午後に、同好の会員が東京六甲クラブ

(日比谷)に集い、 毎回5番の素謡を全員で謡っています。
謡会の発足は昭和29年3月20日で、本年69周年を迎えました

現在の会員は、昭和30年卒の大先輩を筆頭に15名で、
学生時代にクラブ活動で経験した人、卒業後にはじめて謡曲を習われた方、
既に仕事をリタイアされた人、現在も現役でご活躍の方 等様々です。
休憩をはさみながら、毎回約4時間、おなかの底から声を出して
みんなで楽しいひと時を過ごしています。
学生時代に経験された後しばらくお稽古をなさってない方、
能や謡に興味を持って卒業後に謡曲を始められた方、
私たちと一緒に謡ってみませんか? お気軽に下記までご連絡ください。
  令和 3年 3月27日                   むこはま  ゆきお              
                    世話人    向 濱 幸 雄 【(1969(昭和44)年 経済学部卒】                   
                                   
(注1)    世話人へのご連絡は、上記の「お問い合わせ」をクリックして、

    用件、連絡方法などをお知らせください。

(注2)  令和2年3月から自粛していた月例会を令和3年3月27日に1年ぶりに開催しました。

    但し、感染拡大はまだ収束の兆しは見られず、4月以降の例会開催は未定です。

    今後の【月例会の開催/中止】については、「番組案内」または「活動報告」の

    ページをご覧ください。